リース契約の手続き・・・  



   

 (1)物件の選定・・・・・・・・・・ ユーザーメーカー・ディーラー
 (2)リース申込み、契約締結・・・・ ユーザー阿波銀リ-ス
 (3)物件発注、売買契約・・・・・・阿波銀リースメーカー・ディーラー
 (4)物件納入・・・・・・・メーカーディーラーユーザー
 (5)検収、初回リース料支払い・・・ ユーザー阿波銀リース
 (6)物件代金支払い・・・・・・・・阿波銀リースメーカー・ディーラー
 (7)保守契約・・・・・・・・・・・ ユーザーメーカー・ディーラー


 


「所有」から「使用」へ・・・リースの特徴は

○リースと併行して延払販売も行っています。

■リース・レンタル・延払販売の比較表
リース レンタル 延払販売
対象物件 汎用性のある動産 汎用性のある特定の動産 広範囲な動産や不動産
契約期間  通常3年以上の長期契約 日、週、月単位で短期間 中・長期間
中途解約 認めない 認める 認めない
物件の所有権 リース会社 レンタル会社  物件引渡時ないし代金完済時
 (所有権留保方式)にユーザー
 に移転
料  金  ○保険料や固定資産税等も含ん
  でいるので実質的には他と比
  べ安い
 ○リース期間満了後の再リース
  料は割安
 ○リース料より割高
 ○契約更新の場合も料金不変
 ○毎月の支払いはリース料より
  実質的に割高
経費処理 全額損金処理 全額損金処理  割賦金に含まれる利息部分のみ
 損金処理
物件の選択 ユーザーの指定により調達する レンタル会社の手持商品の
 中から選ぶ
 ユーザーの指定により調達する
契約期間満了後
の物件の取扱
 リース会社に返却または
 再リースにて延長使用
 レンタル会に返却  ユーザーの所有資産になる



リースのメリット